タイプ別人気化粧下地の口コミ評価

@コスメや楽天レビューなどを参考に口コミ数の多さではなく、評価の高かった化粧下地を独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋させて頂きました。

B.A デイセラムM シルキーグロー 編集部オススメ!

B.Aの美容成分も贅沢配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地

化粧下地おすすめBA

驚くほどみずみずしくて、ピンクと肌色の中間位の色合いで白浮きはしません。ほのかにパールが入っているので肌を明るく見せて、気になっていたくすみを見事にカバーしてくれました。半日経っても乾燥とか崩れるなんてことが全然なく、むしろツヤツヤと若々しい肌を演出してくれます。メイクオフ後も肌の疲れも感じませんでした。

ポーラの最高峰ブランドB.Aの化粧下地。スキンケアシリーズとの共通の美容液成分が配合されているので、メイク中もハリや糖化をケアして肌を柔らかくしてくれる特徴があります。独自処方でオイル成分が時間と共にパウダーに染み込み、いつまでもツヤのある肌をキープしてくれます。メイク中もエイジングケア効果が欲しいという方にお勧めです。
9,720円・税込
公式HPへ

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV編集部オススメ!

13時間くずれない!ベスト・コスメ・アワード2017年化粧下地部門1位

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

とても伸びが良い下地。塗り心地はさらっとしていて、毛穴や凹凸をきれいにカバーしてくれます。乾燥肌ですが、カサつくことはなくなりました。夏場などたまに化粧直しすることはありましたが、同じマキアージュのドラマティックパウダリーを使い始めてから崩れることはなくなり、私の中では最高の組み合わせです。

化粧もちをアップさせる大人気マキアージュの化粧下地。皮脂だけを感知する処方により1日中テカり・ヨレを防ぎ、時間が経ってもつけたてのような仕上がりにしてくれる特徴があります。さらに潤いを与えながら肌表面の水分バランスを保ち、化粧ノリ・もちのいい肌に整えます。乾燥しやすいけど、部分的にテカりも気になる・・という方にぴったりな化粧下地です。
化粧下地S(ミニサイズ)限定セット1,620円・税込 ※個数限定無くなり次第終了
(ドラマテックスキンセンサーベースUVミニサイズ10ml・ドラマティックパウダリーUV特製サイズ2種・やわらかフィットスポンジ付)
公式HPへ資生堂 マキアージュ化粧下地S(ミニサイズ)限定セット

アテニア スキンレタッチャー

塗る美肌アプリ!光を反射して凸凹肌もなめらかな女優のような仕上がりに

化粧下地おすすめアテニア

白色のすこしかためのクリームで、体温で少し柔らかくなってパール1つ部分でも顔全体に塗り広げられます。乾燥やつっぱる感じもなく、他メーカーのファンデーション(リキッドもパウダーも)よれることなく密着しました。くすみが無くなり、使うのと使わないので仕上がりが全く異なります。リーズナブルな価格も魅力です。

アテニアから販売されている化粧下地。微細な粒子が細かな肌の凹凸に入り込み、奥から光を強く反射するので、肌の影を飛ばして修正を加えたかのように明るくなめらかに見せてくれるのが特徴です。また表情の動きに合わせて伸縮するので、付けたての状態がキープできます。余分な皮脂を吸着するので化粧崩れしやすい人にもお勧めです。
1,728円・税込
公式HPへ化粧下地アンケート

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

プチプラで選ぶならコレ!皮脂テカリを抑えてくれる化粧下地

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

サラサラっとしたテクスチャーで伸びがよく、毛穴にもしっかり溶け込んでくれている感じがします。確かにこの下地を使ってからTゾーンのテカリがでません。軽いつけ心地なので塗っているー!という圧迫感もないし、値段以上の効果は実感できました。塗り過ぎると白浮きしてしまうので、少量を薄く伸ばす程度で十分です♪

皮脂テカリを抑えるプチプラ化粧下地。べたつかずさらっとしたテクスチャーで化粧崩れの原因となる皮脂を吸収。毛穴や凹凸をカバーし、化粧もちを持続させる特徴があります。また汗や水にも崩れにくいウォータープルーフ処方。自然にトーンアップしてくれるピンクベージュカラーと、自然な透明感を出してくれるライトブルーカラーの2色展開なのも魅力です。
648円・税込
公式HPへ化粧下地アンケート

ホワイティシモ デイセラム

夏の崩れやすい・乾きやすいのお悩みに!下地・メークアップ・紫外線をこれ1本で

ホワイティシモ デイセラム

みずみずしい化粧下地で自然な透明感がでます。つけ心地も軽くさらさらとした肌触りで1日中メイクしててもストレスを感じませんでした。この上にファンデーション重ねなくてもお粉を軽くたたくだけでくすみのないきれいなベースメイクが完成します。UVカット効果も高いので1本持っていると何かと助かる化粧下地です。

化粧下地・メイクアップ・紫外線カット・日中のスキンケアを1本でこなす!化粧下地美容液。日中のUVダメージから肌を守りつつ気になる皮脂を吸収してくれるので、夏の崩れやすいメイクも1日中つけたての仕上がりにキープしてくれる特徴があります。さらに美容成分が潤いを与えるのでメイク中の乾燥も防ぎます。メイク崩れが気になる方に試してみたい化粧下地美容液です。
4,104円・税込
公式HPへ

資生堂 マキアージュ ピーチチェンジベース CC

くすみ・毛穴がほんのり桃色に!10秒で美人印象150%upの日中用美容液下地

マキアージュ 肌色&質感チェンジCCベース

手に出した際は白いクリームですが、顔にのせる馴染ませるとほんのりピンク色に変わります。軽いつけ心地なのに毛穴もしっかりカバーしてくれ、くすみで黄色よりだった肌色も明るくなりました。だた白くなるのではなくピンク色がプラスされているので血色がよく見えます。元々色白の方にはどうかな・・と思いますが、イエローベースにはぴったりですね。

10秒のマッサージで桃色肌に整える日中用美容液下地。ホワイトカラーの美容液を軽くマッサージするように馴染ませることで、くすみや毛穴をほんのり桃色の明るい肌色に整えてなめらかな質感にしてくれる特徴があります。さらに紫外線や空気中の汚れから肌を守りつつ、メイク崩れも長時間防ぎます。血色感のないくすみ肌におすすめの化粧下地です。
3,240円・税込
公式HPへ化粧下地アンケート

草花木果 化粧下地(テカリ知らず)

テカり、ベタつきに!皮脂を吸着してテカリを抑えてくれる化粧下地

化粧下地おすすめ

サラリとした肌色の液体タイプの化粧下地。少量でも伸びるので結構持ちもいいです。全くテカらないわけではないですが、さらっとしてセミマットに仕上がります。ちょっとテカってもティッシュオフで復活です。さらっとなじんで、付けている肌も軽やかです。頬や目元が乾燥することなく、全体的になんというか、つややかな感じが保てています。1年中使える化粧下地ですね。

あぶらとり紙にも使用されている麻を原料に使用した化粧下地。麻パウダーがピッタリと肌に密着、過剰な皮脂を吸着することでテカリやくすみを抑えてくれると共に汗くずれ防止コートが汗を弾いてファンデーションのよれを防止してくれます。Tゾーンや小鼻の汗・皮脂くずれが気になるという方に使ってみたい化粧下地です。SPF25 PA++
2,160円・税込
アンケート体験談

b.glen(ビーグレン) ヌーディーヴェール

軽いのにピタッと密着!1日中化粧崩れを防ぎくすまない肌にする化粧下地

化粧下地おすすめ

最初はボソッとした感じなんですが肌に乗せて伸ばした瞬間びっくり!伸びが良い!フワッとしていて すぐ肌に馴染んでいきます。化粧下地にしては肌がキレイに見え小鼻の黒ずみも隠してくれるのでファンデが要らない感じです。おでこが脂性なのですが、他のものと比べヌーディーヴェールをつけていると夕方の肌のテカリが少ない気がします。

1日中崩れない!素肌を自然に美しく見せる化粧下地。軽い付け心地なのにストレッチヴェール効果により毛穴落ちやヨレを防ぎなめらかな肌をキープ。さらにシワや毛穴をカバーして夕方になってもくすまない特徴があります。すぐに化粧崩れを起こしてしまう肌に使ってみたい化粧下地です。
4700円・税別

シルキーカバーオイルブロック

たった30秒!毛穴・小じわを埋めてすっぴん風メイクが出来る化粧下地

化粧下地おすすめ

顔がぱっと明るく華やいできれいな陶器肌に仕上がります。非常に滑らかな肌に…余計なべたつき等もとってくれるのでその後にメイクのノリが非常に良くなります。化粧崩れもあまりしませんがテカリだけは多少気になるかもしれません…毛穴やブツブツが気になる人で、テカリはあまり気にしないという人向きかな。

100万個突破!すっぴんメイクが楽しめる人気化粧下地。微粒子パウダーが気になる毛穴や肌の凹凸を埋めながらシミやくすみをカバー。さらにナノ化コラーゲンやヒアルロン酸ナトリウムなどの美容成分がたっぷりと配合されているので使い続けているうちに美肌効果が期待できる特徴があります。肌の凹凸が気になり始めたら試してみたい化粧下地です。
初回限定6,995円→5,595円税込

ラウディBB&CCクリーム

メイクしながら潤う美肌に!BBとCCのイイトコ取りをした話題のクリーム

化粧下地おすすめ

今までありそうで無かったBB&CCクリームですね。良いとこどりで重宝しています。伸びがよく肌に吸い付くようにフィットして、しっとりした陶器肌になりますし、正直最初使ったときはびっくりしました。なにより薄づきなのにカバー力があって崩れにくく乾燥もしません。一度使っただけでもう手放せないアイテムになっています。

各種美容誌でもベースメイク部門1位!BBクリームのカバー力とCCクリームの薄づき感の両方のいいところをイイトコ取りしたクリーム。薄付きなのにシミ・くすみをしっかりカバーしながら、カラーコントールの働きでツヤと透明感のあるワントーン明るい肌にしてくれるのが特徴です。ベースメイクはしっかりしたいが朝は忙しいという方に使ってみたい化粧下地です。
2800円・税別(水素水+メイクポーチプレゼント中!)30日間全額返金保証付
ラウディBB&CCクリーム

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベース UV

透明感のある白肌に!メラニンの生成を抑えるm−トラネキサム酸配合の化粧下地

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベース UV

少し固めのテクスチャーですが伸びは悪くありません。程よいカバー力があり肌がワントーン明るくなりました。手でもいいですが、パフで伸ばすとよりきれいに仕上がります。UVカット効果も十分なので、特別大事な用がない限りこの下地をつけたあとはパウダーをのせるだけでベースメイクは完了しちゃいます♪

シミの原因を根本からブロックする薬用化粧下地。美白有効成分m−トラネキサム酸を配合しているので、シミの原因となるメラニン生成そのものを抑制。紫外線から肌を守りつつ、コントロールカラーが透明感のある白肌に仕上げる特徴があります。メイク中も美白対策したい方や、透明感ある白肌に仕上げたい方に試してみたい化粧下地です。
4,644円・税込
公式HPへ

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV 50歳 混合肌

1.あなたの肌の状態は?

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

混合肌なので乾燥しやすいのにおでこや小鼻は皮脂がでてべたついてしまいます。夕方あたりから化粧が崩れはじめ、メイク直しは必須な状態でした。

 

2.その商品を選んだ理由

私は友人におすすめされたんですが、とにかく化粧崩れがないとのこと。またお値段も今まで使っていた下地に比べかなりお安いので試しやすかったです。

 

3.使った期間とテクスチャー・刺激、気になった点など

サラサラっとした軽いテクスチャーですが密着感があります。ものによっては伸ばしているそばから乾燥してしまい肌が汚くなってしまうんですが、こちらは程よい保湿力もあり肌馴染みが良いです。色はあまり出ませんが、逆に白浮きしないし、ただ肌の凹凸や毛穴は埋めてくれるのでそのあとのファンデのノリが良くなります。

 

4.どんな効果があったか、他の商品との違い、改善して欲しい点

カバー力に特化した下地ではなかったですが、とにかく化粧ヨレを防ぐ効果は優れていました。夕方になっても皮脂が出やすいおでこや小鼻もさらっとしていて、乾燥もしません。汗をかくと多少は浮いてくる感じはしますが、ティッシュで抑えてしまえばOK!メイク直しはほぼ必要なくなりましたよ。

 

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UVの公式HPで詳しく見てみる!

化粧下地の上手な選び方

化粧下地を賢く活用すればメイクの効果を向上させ、さらに手間や肌への負担を減らすことができます。メイクをしている女性の約4割ほどが使用しているといわれていますが、こうしたメリットから年齢を重ねるにつれて使用率が向上する傾向が見られます。

肌に負担をかけない、自分の目的に合った化粧下地を選ぼう

ただ、化粧下地なら何でもよいというわけではなく、あくまで自分に合ったものを選ぶことが大事です。この「自分に合った」には2つのポイントがあります。

 

まず肌に負担をかけないものを選ぶこと

 

皮脂の分泌による化粧くずれやテカリを防ぐため、化粧下地には他のスキンケア製品に比べて油分が多く含まれています。そのため乾燥肌・敏感肌の方は刺激と負担に注意して選ぶことが求められるのです。

 

もうひとつのポイントは目的に合った製品を選ぶこと。化粧下地への注目が集まるようになったことでさまざまな効果を備えた製品が市場に並んでいます。

 

化粧崩れとテカリ対策だけでなく、自分が抱えている肌の悩みを考慮したうえで効果が期待できるものを選ぶことでさらに大きなメリットを得ることができるわけです。

化粧下地にはUVカット効果も。紫外線対策に役立つ

たとえばシワやシミ、毛穴の開きが気になる方は表面をコーティングする効果や光の拡散によって目立たなくさせる効果を持つ化粧下地がオススメです。ファンデーションで厚塗りすることなくしっかりとカバーすることができるでしょう。

 

また脂性肌の人にはとくに皮脂を吸着する優れた効果を備えた製品がオススメです。脂性肌用に作られた化粧下地なら皮脂の分泌量が多くてもベタつかず、さらさらした肌の感触を長時間維持することができるでしょう。

 

もうひとつ、化粧下地の上手な選び方のポイントとなるのがUVカット効果。効果的に紫外線対策としても役立ちます。

 

しかしUVカットは効果が高ければ高いほど肌への負担が大きくなるため、肌質に合わせて選ぶことが大事です。

 

目安はSPF20前後。ここまでなら基本的には肌質に関係なく使用することができますが、乾燥肌・敏感肌の人はこれ以上の数値は避けた方がよいでしょう。

 

こうしたポイントを踏まえつつ、自分にとって最適な化粧下地を選んでいきましょう。
参照:50代に人気の化粧下地(保湿力・カバー力・毛穴・小じわ…)

肌質・肌色別化粧下地の選び方

メイクにおいて、ファンデーションと同じくらいこだわりを持って選びたいのが化粧下地。そもそも下地には、乾燥や紫外線から肌を守る、ファンデーションの密着度をよくする、肌色を補正して明るく見せるなどの役割があります。

化粧下地は自分の肌質に合わせて選ぶ

化粧下地おすすめ選び方

下地を正しく使うことによって、化粧の仕上がりも変わってくるのです。そのためには、まず自分に合った下地を選ぶ必要があります。

 

化粧下地を選ぶ際に一番大事なことは、自分の肌質に合ったものを選ぶことです。

 

まず乾燥肌の人は、保湿効果の高いものを選びましょう。当然ですが、乾燥肌の人は肌の水分が少ない傾向にあります。そのため、肌の潤いを保つ成分が必要になります。セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などが配合された下地を選んでください。

 

また、UV効果が高い下地は乾燥を招きやすくなります。日頃の通勤であれば、SPF20~30、PA+〜++程度で十分です。

 

次に脂性肌の人。脂性肌の人は皮脂の分泌が活発で化粧崩れが起こりやすいので、皮脂を抑える効果のある下地がおすすめです。まず油分が少ないもの。そして毛穴のつまりを防ぐ成分が入っていないノンコメドジェニック処方のもの。

 

そしてUVカット効果と抗酸化作用のあるもの。下地に含まれる油分や分泌された皮脂は、紫外線の影響で酸化し、活性酸素が発生することでニキビやシミになります。それを防ぐために、UVカット効果と抗酸化作用が必要なのです。

 

難しいのが混合肌の人です。顔の場所によって水分や脂分が多かったり足りなかったりするので、どんな下地を使えばいいのか迷うかと思います。基本的には、TゾーンよりUゾーンのほうがデリケートと言われます。

化粧下地は肌悩みをカバーしてくれるカラーを選ぶ

化粧下地おすすめ選び方

そのため頬の部分の状態に合わせて下地を選んでください。そして乾燥しやすいところはしっかりと塗り、皮脂の多い部分は薄めに添付するなどバランスをとることにより、崩れにくくなります。

 

次の選び方のポイントは、肌の悩み別に合った下地の色を選ぶことです。始めにも書きましたが、下地は肌の色を補正する効果もあります。そのため、自分の肌のなやみを隠す色を選択することも大事になります。

 

まず、赤ら顔・ニキビ跡の赤みにはグリーンの下地。緑は赤を打ち消す効果があります。ただし、顔全体に使うと肌が白浮きしてしまうので、ピンポイント使いがおすすめです。

 

つぎに、色白で顔が青ざめて見えてしまう場合。この場合にはピンクを使用して、血色をよく見せましょう。最後にシミやくすみをカバーしたい場合。このような時にはイエローの下地を使用することにより、肌を明るく均一的な色に見せてくれます。

 

どんな化粧品を選ぶ時にも言えることですが、肌に直接塗るものですので、購入前にはきちんと成分を確認しておきましょう。またテスターがある場合は使用感を試したうえで、自分の肌に合っているかも判断してください。

 

年齢を重ねていったり季節によっても肌質は変化します。その時その時に合った化粧下地を選ぶことにより、効果を最大限に発揮させることができるのです。

 

正しく使えてますか?化粧下地の上手な使い方

化粧下地の目的はファンデーションのノリをよくしつつ化粧崩れを防ぐことです。ですからしっかりとスキンケアを行い、ファンデーションを使いやすい環境を心がけて使っていくことが大事なのです。

下地はいかに薄くムラなく塗布することがポイント

すでに美容液や乳液、クリームを使った後に使用するのであまりたくさんの量を使ってしまうと全体がベタついてしまいます。

 

ですからいかに薄く、ムラなく塗布していけるかが最大のポイントといってよいでしょう。この塗り方に関してはまず少量を顔のいくつかのポイントに乗せた上でそこを中心に円を描くように広げていくやり方が基本です。

 

このポイントは通常額、頬(両目の下)、あご、小鼻の5点。まず手の甲に化粧下地をパールくらいの大きさでとってからそれぞれのポイントにチョン、チョンと乗せていきましょう。

 

広げていく場合には内側から外側へ、できるだけ均一に伸ばしていくためにも円を描くように塗付していくのがポイント、その際には肌にしっかり密着させることを意識していくことが大事ですが、かといって指で強く擦ってしまうと刺激を与えてしまいかねません。

 

指先だけで塗るのではなく第二関節くらいまでを使ってうまくなじませていきましょう。

 

難しいのは鼻筋や目の周りなど凹凸がある部分です。細かい部分まで丁寧に塗付していくよう心がけるとともに、目の周りやまぶたなどよく動かす部分は薄めにするよう心がけましょう。

 

摩擦による刺激を最小限に抑えるため力をこめずに塗付していく、という点ば美容液やクリームと共通しているので同じ感覚で行っていきましょう。

日焼け止めを使用する際は下地の前に塗布

こうしたポイントを踏まえて顔全体にムラなく塗付することができたら今度はスポンジを使ってなじませます。塗付した部分にスポンジを押し付けることでしっかりと密着させてなじませることができるのです。

 

また塗りすぎてしまった場合や塗付している間に皮脂が浮かび上がった分などをスポンジで拭い取っていきます。

 

少し手間がかかりますがこうした手順で使っていけば全体に均一になじませていくことができます。

 

ムラができてしまうとファンデーションも塗りムラが起こりやすくなるうえ、化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。

 

慣れないうちはなかなか難しいかもしれませんが基本的な部分を踏まえながら毎日行っていけば自然とうまくできるようになるはずです。

 

なお日焼け止めを使用する際には日焼け止めの後に塗付することになります。

 

UVカット効果を備えた化粧下地も多いので日焼け止めをどれだけ使用するか、バランスも考えたうえで賢く使っていくのも肌への負担をできるだけ防ぎながらメイクをしていく大事なポイントです。
参照:ポーラのベースメイク(化粧下地・ファンデーション)